ネイティブスピーカーの常識?話題のTESOLがスゴい

皆さんはTESOL(ティーソル)についてご存知ですか?

Teaching English to Speakers of Other Languagesの略称で、英語教授法と呼ばれます。簡潔に言うならば、母国語が英語以外の人に英語を教える方法を学ぶ学問です。

TESOL(ティーソル)を学ぶことで、ただ英語を読み書きして話せるというだけでなく、誰かに英語を教える、極めれば英語教員を目指すこともできてしまいます。

今回は、ネイティブな英会話も学べて、他の人にも英語が教えられるスキルを身につけることができる英会話スクール「Liberty(リバティ)」をご紹介します。

>>>無料カウンセリングの申し込みはこちら

Liberty(リバティ)の特徴

Liberty(リバティ)は、日本の英語教育の根本的な問題を疑問視し、どうしても受験のための英語と割り切ってしまうような実践的とは言えない日本独自となってしまっている部分を短期間で克服することを目指しています。

ですので、今まで覚えてきた日本独自の英語を一度リセット、つまりはLiberty(リバティ)の受講者は誰でも英語を一からスタートしている言っても過言ではありません。英語の発音や読み書きに不安があっても、心配いらないですね。

Liberty(リバティ)で受けられるのは、英語を母国語とする国々の中でもエリート層が使いこなす高水準の教養。これを「藤川メソッド・グラマーテーブル」と呼び、わかりやすく海外のネイティブスピーカーに匹敵する英語脳を養うことができます。Liberty(リバティ)最大の特徴であるこのメソッドは完成までに、創始者である藤川恭宏さん自身が留学や海外キャリア・研究員の経験を経て試行錯誤した末に完成された勉強法と語っています。

講師は荒川先生自身が一人で受講者全員を直接担当。メソッドの開発者から直々にレクチャーを受けられるという点も、Liberty(リバティ)のメリット。

オンラインと来校から選ぶことができ、授業形式も大人数のグループレクチャーとマンツーマンのプライベートレクチャー、時間割も初心者向けとさらに上のレベル向けで細分化されているため、挫折しにくいのもポイントです。

また、Liberty(リバティ)は成果保証を売りとしており、必ず満足させる、満足しなければ全額返金する制度があります。確立されたメソッドに自信と責任を持って提供するという受講者目線の配慮を感じますね。

もちろん、TESOLを学ぶまでは必要ないという方でも、TOEICコース、プライベートコースなど自分の目的と求めるレベルに合ったものも揃っており、普通に英会話を身に着けたい、英語力を高めたいという方にもおすすめです。

無料カウンセリング

ここまで聞いて、いくら全額返金保証があると言えど費用が高そう…と考えてしまいますよね。そういった方は、まず無料カウンセリングで相談してみるのがおすすめです。

>>>無料カウンセリングの申し込みはこちら

自分が身につけたい英語や英語を身に着けた先のやりたいことなど、英語力に問わず親身になって聞いてもらえます。カウンセリング形態も来校とオンライン(Zoom)を選べて生活ペースに合わせて予約できるのもいいですね。

無理な勧誘もなく、荒川先生も生徒たちからとても人気の先生なので、Liberty(リバティ)で楽しく高水準の英語が学べること間違いないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました